So-net無料ブログ作成
大好きな趣味 ブログトップ

挿し木育てて、心の安らぎを [大好きな趣味]

挿し木育てて、心の安らぎを
私の年間の仕事は、自坊の法務・宗務所主催事業や組寺院への行事参加等・境内の松4本の手入れなど多忙な毎日を過ごしております。( 境内の除草・落葉樹の剪定・畑の草取り等は、夫婦で力を合わせて作業を進めています。)

それでも 唯一の趣味である、盆栽の手入れ・挿し木作業は 春から梅雨時に時間を割いて無心になって頑張っています。この時間帯は 私にとっては、夢でもある「ささやかな緑化活動」に結び付ければ幸いであると思っております。又 私自身の「心の安らぎを覚えることが可能な時でもあります。

この営みは、教員仲間から手解きを受け30歳頃から今日まで続いています。大きな鉢を購入し、その中に鹿沼土を適量に入れ 水を十分に含ませておきます。次に挿し木にしたい、庭木の枝を切って(2~3年経過した処を穂にする)約長さ10cmくらいの穂を用意し水につけます。そして 鋭利な剪定鋏で、穂の根元を斜めに切って鹿沼土の中に差し込みます。そして予め用意した穂を同じ要領で差し込んでいきます。最後に水を十分にやって終了です。大切なことは、毎朝涼しいうちに愛情を込めて水遣りを忘れないことです。冬季でも時折水を遣りましょう。来春になって、それぞれの穂から新芽が出てくれたら大成功です。その時の感動は言葉には言い表せません。

根付いた穂から緑の葉が茂るようになっても、3年くらい鉢の中で水だけで育てます。その頃には根も十分に育っていることでしょう。私の場合は、幸いにも近くに畑があるので6月の梅雨時に移植して大きく育てます。やがて 適当な大きさになったら、植物愛好者に話しかけ、ニーズに合ったものを差し上げております。

最近は 花物の挿し木に興味を持ち、主に「1尺藤・つつじ類・紫陽花」を選んで挿し木を育ててきました。「1尺藤」は大きい鉢に植栽し、固形の油粕を適量に与えてやります。やがて 花の時期になると、お寺に来た人達が観賞してくださいます。又 希望者には、気持ちよく差し上げています。
今年は、蕾をつけた「紫陽花」10本を大き目な鉢に定植しました。これからもいろいろな紫陽花を、もっともっと増やしていき「鉢紫陽花寺」にしたいと願っています。

大好きな趣味 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。