So-net無料ブログ作成

戦前・戦後の星祭祭典 [朝のおつとめ等]

明治17年12月冬至、午前零時を期し祭典の行事を檀家一同にて行う。
各自の分担  
☆角田 三郎・・・・赤 飯  
☆角田代十郎・・・・清 酒
☆宇佐美源兵衛・・・花菓子(青い割竹の先を5つに割り、餅と菓子を交互に挿す)
☆角田捨吉・・・・・御供(鏡餅三重ね)
☆檀  家・・・・・自家生産の野菜類
☆薪は、全員で山に入り枯れ木を採る。
以上、無償寄付。参詣者に清酒、赤飯、野菜の煮たものを振舞いたる。

年々参詣者が増加、その数 数千名の多きにに達したる故, 清酒、赤飯、鏡餅、花菓子等は執行部にて有償購入。
村内各戸より集めた白米は餅に搗き、お供物として御札に添えたり。
清酒は厳選、最上の品 一斗樽30数樽(一斗=18立)、糯米・小豆約5俵(一俵60キログラム) 檀家各戸より持ち寄りたる野菜類の量もまた莫大なり。.
 以上の如くなれば、酒好きの信者は御酒(オミキ)の量も過ぎることしばしばあり、遠く圭林、藤垈、又は米倉方面迄 泥酔の末 厳寒・風雨・雪も知らぬげに道端に寝入り幸いの夢など見しものと思う。
 又 境内は勿論、門前往還には露天商50を越し、夜中より日没まで盛況を呈したり。斯くの如き祭典は、日本国広しといえども我が妙見山晴雲寺のほかこれなし。
 かかる行事も日支事変、続いて第2次世界大戦のため物資悉く不足し総て配給制度と相成り断絶。今日僅かにその影を止むる次第。
 晴雲寺本堂・・・間口7間、奥行7間。
  寄付者・・・宇佐美一寶・角田三郎・宇佐美源兵衛・角田代十郎・角田捨吉。
        檀徒一同。
晴雲寺庫裡・・・間口2間、奥行3間。
  寄付者・・・角田三郎・宇佐美源兵衛・宇佐美一寶。  (古文書による)

215_400.jpg

018_400.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。