So-net無料ブログ作成

妙見堂の由緒 [朝のおつとめ等]

146_800.jpg


妙見堂は、古昔(こせき)宗祖日蓮大士錫(しゃく=錫杖の略。僧侶・修験者の持つ杖。頭部は
錫「すず」で作り、数個の鐶(かん=金属製の輪)をつける。錫杖の徳をたたえ、声明を歌唱しながら錫杖を振る。)を曳かれし旧跡につき村内(小黒坂村)醵合(きょごう=多くの人が金銭を出し合う)し、国家安穏のために堂宇を建設せり。時 信徒僅かに数名を出でざるも、天明の頃より(天明元年=1781年)逐日(ちくじつ=日がたつに従って)群集(ぐんしゅう=)むらがり集まること)し、自今(じこん=以後)信徒数百名に相成りたり。

妙見堂の規模等
1、 堂宇・・・間口2間、奥行3間。
2、 境内・・・54坪
                          (古文書に依る)
 ・天明年間に建設された堂宇は、木造で藁屋根でありました。ここに掲載された妙見堂の写真は、昭和26年頃 小山区の檀徒 深沢慎太郎総代が 堂宇の老朽化を深く愁嘆し、一念発起し深沢家先祖の追善菩提のために浄財を寄付されました。その結果 屋根はトタン葺き、壁はモルタル形式、入り口や窓は ガラス戸となり景観を一新しました。   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。